求人情報

くらた動物病院の基本方針

くらた動物病院では、徹底した病状説明に基づく治療を最も重視しています。飼い主さまにわかりやすく、きちんと説明することは、そのペットにとって最適な治療やケアを行うために欠かせないものだからです。

くらた動物病院に来院する動物は、半数ほどがフェレット、残りの半数弱が犬と猫です。ウサギ・ハムスター・ハリネズミ・モモンガなど小型の哺乳類全体も診ており、最近はハリネズミの診療が増えてきています。

当院の倉田院長は、日本で爆発的にフェレット人気が高まる少し前、1995年頃からフェレットの診察を積極的に行ってきています。
当時、フェレットを診察する獣医師が今以上に少なく、また情報が少なかったので、海外の論文などを入手して勉強を続け、日々の診察で得た新たな経験や知識を積み重ねてきました。

こうして10万回以上のフェレット診療で得たキャリアと知識の蓄積が、当院の医療を支えるバックボーンになっています。

フェレット診療では、現在でも新しい症例に出会うことが珍しくありません。そうした知見を今後の診療に活かすべく、現在も新しい情報や知識の収集を日々続けています。

犬や猫については、ホームドクターとして1次診療で見落としてはならないところに留意しながら、ていねいに検査、診療を行っています。

獣医師の仕事は、ペットを治すこと、そしてそれを通じて飼い主さまの心も治してさしあげること。動物看護士をはじめとするスタッフにもそうしたホスピタリティは極めて重要だと考えています。

募集状況

獣医師  :現在、募集は終了しています。

動物看護師:現在、当院で働き始めることのできる動物看護師さんを募集しております。

      新卒、中途採用いずれの場合も募集しております。

      詳細につきましては、お電話にてお問い合わせください。

電話番号 044-814-5521